[PR]

 自民党の二階俊博幹事長と公明党の井上義久幹事長が27日午前、東京都内で会談し、「希望の党」結党を受けた衆院選情勢について「厳しい戦いになる」との認識で一致した。小選挙区で候補者を相互に推薦し、両党で過半数獲得を目標にすることを確認した。

 会談には両党の政務調査会長、国会対策委員長、選挙対策委員長が同席。井上氏が「自公過半数」の目標の確認を提案し、二階氏が応じた。

 公明は7月の都議選で自民と対立する一方、小池氏が率いた地域政党「都民ファーストの会」とは協力していた。公明の斉藤鉄夫選対委員長は記者団に、「知事が都政改革に全力を挙げるという前提で協力した。今回、その前提が崩れた」と指摘。「希望の党は選挙で戦う相手。協力はない」と明言した。

こんなニュースも