[PR]

穀田恵二・共産党選挙対策委員長(発言録)

 私たちは小池(百合子)さんが都知事になった折、情報公開と「築地問題はいったん踏みとどまって(考える)」と述べていたから、その点では評価していたが、その後残念ながら、情報公開はまったくしない、(都議会の)委員会も開催しない、豊洲の問題もだんまりと、明らかに変化したなと私は見ていた。

 (小池氏は)「穏健な保守」と言うけれども、簡単にいえば憲法改悪の路線ははっきりしている。若狭(勝衆院議員)さんもそういうことを言っていたなどの点からも、明らかに自民党の補完勢力として私たちは見ている。そういうことが一つ一つ国民の前に明らかになってくるだろうと私は考えている。(記者会見で)

こんなニュースも