[PR]

 高速道路の最高速度を現行の時速100キロから110キロに引き上げる試行が11月1日午前10時から静岡県の新静岡IC―森掛川IC(上り49・7キロ、下り50・1キロ)の新東名高速で始まる。最低でも1年間は続け、事故の発生状況や車の走行速度の変化などを分析し、安全が確認できれば120キロへの引き上げや対象区間の拡大を検討する。警察庁が28日発表した。

 1963年に高速道路が開通して以降、100キロだった最高速度が引き上げられるのは初めて。高速道路の一部区間は車道の幅が広くカーブや勾配も少ない、120キロでも安全に走れる設計になっている。こうした状況などを踏まえ、警察庁は昨年3月に引き上げる方針を決めていた。

 岩手県の東北道(花巻南IC―盛岡南IC)でも、年度内にも試行される見通し。

 警察庁は安全対策として、速度違反や車間距離を保っていない車の取り締まりを強化する。また、試行区間の開始地点から終了地点までに110キロの標識92基、終点以降の約2~3キロには100キロの標識6基を上下線で新たに設置する。一方、大型貨物車の最高速度は現行の80キロに据え置く。大型トラックなどは片側3車線区間では道路左端の第1通行帯を走るよう規制する。(浦野直樹)