[PR]

 小野寺五典防衛相は27日、地上配備型の迎撃ミサイルPAC3を一時的に配備している陸上自衛隊函館駐屯地(北海道函館市)を視察し、北朝鮮が弾道ミサイルを2度にわたり北海道上空に通過させたことを受け、「今後とも長射程を含む実験を繰り返すとすれば、この地域に万全の備えをする必要がある」と述べ、警戒態勢を続ける考えを強調した。

 小野寺氏が視察後、記者団に語った。また小野寺氏は、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が、近い将来にも北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発に成功する可能性があり得るとの見方を示したことに触れ、「ICBMの能力獲得がそう遠くないのではないかと(日本も)分析している」と指摘。衆院解散について野党から「政治空白をつくる」と批判があることには「政府はそのまま警戒監視を進めている。国家安全保障会議メンバーはいつでも参集できる態勢をとっている」と述べた。(相原亮)