[PR]

 ベトナム戦争に反対する学生らが1967年10月、大田区の羽田空港周辺に集まった「10・8羽田闘争」で京都大生の山崎博昭さん(当時18)が亡くなって、8日で50年。友人らが山崎さんをしのび、追悼集会を開く。

 学生らは当時、米国のベトナム戦争への軍事介入に日本が加担していると批判。佐藤栄作首相の南ベトナム訪問阻止のため67年10月8日、数千人が空港に通じる弁天橋で機動隊と衝突し、山崎さんが亡くなった。

 学生運動での死亡は60年6月、60年安保闘争の際に国会周辺で東京大生の樺(かんば)美智子さん(当時22)が亡くなって以来。事件は全国の学生に衝撃を与え、全共闘など学生運動活発化のきっかけとなった。

 それから半世紀。安保法制成立や改憲に向けた動きなどが出るなか、「山崎さんの反戦の志を語り継ぎ、60~70年代の反戦運動を現代の新たな糧にしたい」として、出身校の大阪府立大手前高校や京大の同窓生らが2014年に「10・8山崎博昭プロジェクト」を結成。羽田闘争に参加した学生らが集会を開いた萩中公園に近い福泉寺に今年6月、山崎さんの名を刻んだ追悼の墓碑を立てた。

 10月8日は友人らが弁天橋で献花や黙禱(もくとう)をし、福泉寺の墓碑前で法要を行う。午後4時からは千代田区の主婦会館で「50周年集会」を開き、ベトナムで開催中の「日本のベトナム反戦闘争とその時代」展について報告する。

 展示会は山崎さんらの運動がベ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら