[PR]

 米国の元政府当局者や専門家が10月半ばにノルウェー・オスロで北朝鮮当局者と非公式に接触する見通しだと、米韓関係筋が明らかにした。米側は、米政府に現役の当局者の出席を打診している模様だ。軍事衝突の懸念がある米朝間の対立緩和を目指すという。

 米側の出席予定者には、昨年10月にクアラルンプールで行われた北朝鮮の韓成烈(ハンソンリョル)外務次官らと協議した人物も含まれている。北朝鮮は崔善姫(チェソンヒ)北米局長が出席する考えを示しているが、米側は韓氏か金桂寛(キムゲグァン)第1外務次官の出席を求めているという。

 米側は、米国務省当局者らの出席も模索している。今年5月には、米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮政策特別代表が崔氏とオスロで会い、北朝鮮に抑留された米国市民の解放問題を協議した。ただ、北朝鮮が非核化の動きを見せないなか、米政府が人道問題以外で当局者の接触を許可する可能性は低いとの見方もある。

 米韓関係筋によれば、米側の専…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら