[PR]

きょうも傍聴席にいます。

 新潟県糸魚川市で昨年12月、計147棟が焼けた大規模火災で、火元となった同市大町1丁目のラーメン店の元店主で業務上失火の罪に問われた周顕和(けんかず)被告(73)の初公判が27日、新潟地裁高田支部で開かれた。火災後、「出火のお詫(わ)び」と題した文書を朝刊各紙に折り込んで配り、近隣住民に泣きながら謝罪した被告。起訴内容を認め、公判で語った言葉とは――。

 周被告は猫背気味の背中をめいっぱい伸ばして法廷に立った。

 裁判長から証言台の椅子に座るよう促されたが、「立っていた方が楽」と話し、そのままの姿勢で答え始めた。「私の不注意で火を出し、大変申し訳なく思っています。皆さんに多大なご迷惑をかけて大変申し訳ありません」。弁護士から火災について言いたいことを問われ、答えた。

 周被告は糸魚川市に生まれ、中学卒業後から実家のラーメン店の手伝いを始めた。「思いやりがあって、気持ちが優しい人で働き者」。妻は周被告の人柄をそう表現した。

 周被告はやがて経営を担い、妻と長男の3人で店を切り盛りした。幼い頃から仲が良く、ラーメン店の隣で精肉店を営んでいた男性は、周被告を「職人気質な人」と話した。

 公判で明らかになった火災当日の様子はこうだ。

 昨年12月22日の朝、周被告…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら