[PR]

 手術をしなくても治るタイプの乳がんの見極めに役立つ遺伝子を、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)のチームが発見した。将来的には、乳がん患者の5%程度で手術が不要になる可能性があるという。横浜市で開催中の日本癌学会で29日、発表する。

 同院の向井博文・乳腺・腫瘍(しゅよう)内科医長らは2012年に臨床試験を開始。HER2というたんぱく質が多くあり、ホルモン療法が効かない乳がん患者に抗がん剤などの化学療法をした。半数で乳房の摘出手術前にがんが完全に消えていて、このグループでは「HSD17B4」という遺伝子の働きが抑えられていることを明らかにした。

 この遺伝子が手術の必要性を判断する目印として適切かどうかを検証する別の臨床試験は、今年9月に始まった。ステージ1~3の乳がん患者200人を対象とし、約30病院で2年かけて実施する。21年の実用化を目指しているという。

 国立がん研究センターの推計では、17年に乳がんの診断を受けるのは約9万人。向井さんは10~15%の患者が検査対象となり、5%程度の4500~5千人が手術を受けずにすむと見込む。「乳房の切除をためらう女性は少なくないので、手術が必要かどうかを判断するマーカーを確立する意義は大きい。他のタイプの乳がんや卵巣がんにも応用できないか研究を進めたい」と話している。(南宏美)