[PR]

 マティス米国防長官は27日、アフガニスタンを予告なしに訪問し、ガニ大統領らと会談した。AP通信によると、マティス氏の到着後、首都カブールの国際空港付近を武装集団が迫撃砲などで攻撃し、1人が死亡、11人が負傷した。

 同通信は、反政府武装勢力タリバーンが犯行を認め、マティス氏が乗った飛行機を狙ったと主張していると伝えた。国防総省によると、攻撃があった際には既にマティス氏らは空港を離れていたという。

 マティス氏のアフガン訪問は8月下旬にトランプ大統領がアフガン戦略を発表して以来初めて。米政府は3千人以上の米兵を追加派遣し、派遣規模を1万5千人近くに拡大する。

 マティス氏は会見で「国際空港への攻撃はテロリストによる犯罪だ」と非難し、「アフガンを再び国際テロリストの安全な隠れ場所にしない」と述べた。(ワシントン=杉山正)