[PR]

 今季限りで退任する阪神の掛布雅之2軍監督(62)が28日、甲子園であった広島とのウエスタン・リーグ最終戦を16―4で快勝し、最後の指揮を締めくくった。退任セレモニーでは「若い選手が確実に力をつけ、1軍でも活躍してくれた。僕を若返らせてくれた」と就任からの2年間を振り返った。

 7131人が詰めかけた。掛布監督は「連日大勢のファンが、素晴らしい舞台を作ってくれた。ファンの目が若い芽を育ててくれた」と感謝した。セレモニー終了後、整列した選手一人一人と握手する姿に、ファンは現役時代におなじみだった掛布コールを送った。「背中がぞくぞくした。非常にいいものでしたね」。ただ胴上げは「優勝監督と引退選手がされるもの」と言って拒んだ。2年間の自己採点は背番号「31」にちなんで「そりゃもう、31点ということで」。

 今後は球団のアドバイザー的役職に就任する案も出ているが、「前向きに考えて結論を出したい」と話すにとどめた。

こんなニュースも