[PR]

 東京都日野市の多摩動物公園で飼育され、世界最高齢とされていたボルネオオランウータンのジプシー(雌)が27日、死んだ。推定62歳で、死因は急性心不全。園によると、飼育下の平均寿命は40~50歳という。

 ジプシーは1958年にボルネオ島から来園し、4頭の子どもを出産。2016年時点では国内飼育されているボルネオオランウータン33頭のうち、半数近い16頭がジプシーの血統だ。穏やかな性格で、どの個体とも仲良く暮らしていた。子育ても上手で、人気者だったという。

 ジプシーは8月に口から出血がみられるようになり、次第にかたいものが食べられなくなっていた。投薬で治療を続け、27日午後には麻酔をして治療をしたが、覚醒時に容体が急変した。(西村奈緒美)