[PR]

 秋風が吹く季節になり、エアコンの活躍する機会がめっきり減った。だが、エアコンの新商品は、秋に続々発表になる。各部屋にエアコンが行き渡り、すでに市場は頭打ち。新たな需要を掘り起こそうと、秋からの商戦に向けてメーカーが打ち出した商品は――。

伸び悩む市場、開拓へ

 エアコンの国内での出荷台数はここ数年、800万台程度で伸び悩んでいる。内閣府の統計では、世帯普及率がすでに9割を超え、平均保有台数も約3台。これ以上の市場の成長は期待しづらい。

 ダイキンは28日、洗面室やキッチン、廊下などに取りつけるための新製品「ココタス」を発表した。居室以外用の家庭用商品を本格的に販売するのは初めて。

 天井埋め込み型で最大寸法46センチと業界最小。1台の室外機があれば、最大で3カ所に取りつけられる。サイズが小さいと空気の通り道が狭く、音がうるさくなる課題があったが、専用のファンが開発できたことで商品化にこぎつけた。

 「冬の洗面所は寒い」、「暑い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら