[PR]

 スズキは28日、パワーステアリングが機能せずハンドルが重くなる恐れがあるとして、パレットとルークス、フレアワゴンの3車種計51万9651台(2008年~13年製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 三菱自動車は、部品の不具合でエンストする恐れがあるなどとして、デリカなど6車種計6万8705台(12年12月~17年6月製造)のリコールを届け出た。

こんなニュースも