[PR]

 民進党の衆院選立候補予定者は、公認内定取り消しで民進を離党したうえで、希望の党に新たに公認申請することになった。希望側は、憲法改正や安全保障に対する姿勢を見極めて一人ずつ選別し、合格者のみを公認候補とする考えだ。

 民進党の前原誠司代表らは一時、立候補予定者は民進党籍を残したまま希望の「公認」を受ける案を検討した。しかし、「二重党籍」は有権者に分かりにくく、批判を招くとの判断から、まとめて離党させる方針に転じたようだ。

 一方で、党は当面、存続し、前衆院議員の中で前原代表だけは党にとどまる見通し。離党してしまうと代表選を行う必要が生じるためだ。参院議員も当面は民進党に残留。衆院選後に解党して、参院議員も含めて希望に完全合流する方向で検討が進んでいる。

 解党先延ばしの最大の理由は選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも