[PR]

 安倍晋三首相は28日夕、衆院解散を受けて首相官邸で記者団の取材に応じ、「北朝鮮の脅威、少子化。この国難を国民の信を得て乗り越えていかなければならないと判断して衆院を解散した。誠実に愚直に具体的な政策を訴えていきたい」と語った。

 小池百合子・東京都知事が結成した新党「希望の党」と民進党の事実上の合流については「民進党は先般、代表選を行い、新しい代表と政策の方向性が決まった。そうした政策抜きに丸ごと合流することは大変驚いている」と指摘。「私たちはただ批判の応酬ではなく、政策を具体的にしっかりと誠意を持って訴えていきたい」と政策論争の重要性を繰り返し訴えた。

 菅義偉官房長官も同日午後の記者会見で「新党の枠組みが中心で、政策はまったく置き去りにされている。政策があって政党の組み合わせをどうしようかという本来の順序とまったく逆のことが行われている。極めて残念だ」と非難した。