[PR]

 大丸松坂屋を運営するJフロントリテイリングは28日、大丸心斎橋店(大阪市中央区)の北館の地下2~地上7階部分(2万2千平方メートル)が、若者向けファッションビルの「パルコ」になると発表した。2021年春に開業する。心斎橋パルコが11年に閉館して以来、大阪に進出するのは10年ぶりだ。

 大丸心斎橋店は、16年から本館の建て替え工事をしており、19年秋に百貨店として開業する予定。パルコの客は百貨店より若い20~30代が中心で、大丸は「パルコが入居することで顧客層が広くなる」(広報)としている。南館は訪日客向けの店舗が営業を続ける。

 大丸松坂屋にパルコが入るのは、松坂屋上野店の新南館「上野フロンティアタワー」につづく2例目。Jフロントは「脱百貨店」を掲げ、12年にパルコを傘下におさめている。(新宅あゆみ)

こんなニュースも