[PR]

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、28日に米投資ファンド・ベインキャピタルなどの「日米韓連合」との契約が締結されたが、当初予定されていたベインの記者会見が、急きょ中止となった。当初は同日夕に都内のホテルで会見が予定されていたが、ベインによると「(連合に参加する)関係者から(会見実施の)合意が得られなかった」という。東芝メモリの売却契約の締結に関し、すでに公表された内容に変更はないとしている。

こんなニュースも