[PR]

松井一郎・日本維新の会代表〈大阪府知事〉(発言録)

 (希望の党の小池百合子代表は)我々の政策を非常によく研究し、参考にしてくれている。それを東京で本気でやるなら歓迎だ。でも、民進党と丸ごと合流では(連携は)できない。小池氏がどうするか見極めたい。

 民進党丸ごとでは、しがらみを断ち切ったとは言えない。職員労働組合、特に自治労からがっちりの人は無理だ。その人たちを仲間に引き入れて、役所改革はできない。民間労組は敵に回していない。

 (改革を)大阪、東京、愛知とか中心部でやれば、日本全体に広がる。これほど納税者が税金の使い方を見直す機会はない。同じ政策を掲げて、お互いつぶし合うことは必要ない。東京、大阪で、既得権益や、しがらみをなくすことに協力していこうと小池知事が言うなら、それはアリだ。(大阪市内で記者団に)