[PR]

 京都、大阪、兵庫で起きた連続不審死事件で、殺人罪などに問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)=京都府向日市=の裁判員裁判が2日、京都地裁であり、交際相手だった兵庫県伊丹市、日置稔さん(当時75)が死亡した事件の審理を終えた。

 10日に最終論告があり、4事件について検察側が求刑。11日に弁護側が意見を述べる最終弁論がある。

 起訴された4事件のうち審理順で最後の事件にあたる。日置さんは2013年9月20日、被告と出かけた伊丹市のレストランの駐車場で倒れた。死因は肺がんとされ、司法解剖は行われず、体内から青酸は確認されていない。

 検察側はこの事件について中間…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら