[PR]

 トランプ米大統領の長女の夫のクシュナー大統領上級顧問が、女性として有権者登録されていたことが明らかになった。一連の「ロシア疑惑」や私用メール使用問題などで批判を浴びるクシュナー氏だが、今度は不思議な謎が持ち上がった。

 米メディアによると、ニューヨーク州選挙管理委員会の2009年の有権者データで、クシュナー氏の登録証には性別が「女性」となっていたという。本人が登録した際の単純なミスとみられ、約8年間、クシュナー氏は女性として投票していたことになる。

 この間違いを見つけたリベラル系団体の代表者は米メディアに「もっとも基本的な書類さえヘマせずに書き上げられないクシュナー氏が、中東に和平をもたらすと誰が思うだろうか。謎だ」と皮肉交じりに語った。(ワシントン=土佐茂生)

こんなニュースも