【動画】北海道鹿追町や神奈川県藤沢市で、水素を使った試みが進む=堀篭俊材撮影
[PR]

 二酸化炭素(CO2)を出さない究極のクリーンエネルギーといわれる水素を、農業や調理といった身近な場で使う試みが進んでいる。地球温暖化を防ぐ低炭素をめざす取り組みから、水素社会の実現に向けたカギを探った。

 北海道帯広市の中心部から北に車で約40分走ると、大雪山のふもとに位置する鹿追町(しかおいちょう)に入る。牧場と畑が広がる北の大地に今年1月、「しかおい水素ファーム」がオープンした。

 鹿追町は人口約5500人に対し、牛は約3万頭と人より牛の数が多い。毎日大量にでる牛ふんを発酵させたバイオガスからメタンガスを抽出し、水蒸気などに反応させることで水素をつくりだしている。

 水素はタンクに貯蔵しておき、ボンベに詰めて併設された水素ステーションで燃料電池車や酪農家、観光施設などに供給する。近くの農協では、燃料電池で動くフォークリフトが走り回り、キャベツ満載のパレットを運んでいた。排ガスにさらされずに出荷できる。

 乳牛1頭が1年間で出すふん尿から約80キロの水素が生まれ、これで燃料電池車は約1万キロを走れる。マイカーが年間で走る平均的な走行距離で、牛1頭で1年分の車の燃料がまかなえる計算になる。

 町と協力して、水素ファームを運営する産業ガス大手のエア・ウォーター(本社・大阪市)は、水素エネルギーの地産地消の供給網の確立をめざす。環境省の委託事業で、2020年までの計画だ。

 水素で発電する燃料電池から出…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース