[PR]

 新党「希望の党」代表の小池百合子・東京都知事と民進党の前原誠司代表が29日朝、東京都内のホテルで会談し、衆院選に向けて公認候補の調整と政権公約作りを急ぐことを確認した。両党の事実上の合流に向けて、具体的な協議が始まった。

 前原氏は会談後、「昨日の経緯を説明し、これから一緒に仲間としてやっていくということで固い握手を交わし、今後の政策、候補者調整を急いでいこうということで一致した」と記者団に語った。

 公認候補の調整については、小池氏側近の若狭勝・前衆院議員と民進党の玄葉光一郎・総合選挙対策本部長代行が、政権公約については若狭氏と民進の階猛(しなたけし)政調会長が、それぞれ調整に当たることを確認した。