[PR]

 パナソニックは29日、液晶パネルをつくる姫路工場(兵庫県姫路市)で、自動車用のリチウムイオン電池の生産を始めると発表した。2019年度の稼働をめざす。世界で加速する自動車の電動化に対応する。

 パナソニックは10年、姫路市に液晶パネル工場を新設し、主にテレビ向けに液晶パネルを生産してきた。だが、韓国や中国勢の台頭で16年にテレビ向けの生産から撤退。その後は、医療や車用の液晶パネルをつくっている。今回の電池生産は、工場内の空いている場所を活用する。投資額は非公表。電気自動車(EV)や、エンジンも使うプラグインハイブリッド車(PHV)向けに生産する計画だ。

 パナソニックは、成長性が期待できる車関連事業に力を入れており、この事業の売上高を21年度に2・5兆円に伸ばすのが目標だ。すでに米国のEV大手テスラと組み、電池生産工場を共同で運営。EV市場拡大の起爆剤として注目される新型車「モデル3」の電池の出荷が6月に始まった。(岩沢志気)