[PR]

 新党「希望の党」代表の小池百合子・東京都知事と民進党の前原誠司代表が29日朝、東京都内のホテルで会談し、公認候補の調整と政策づくりを急ぐことを確認した。民進の立候補予定者全員の公認を求める前原氏に対し、小池氏は会談後、記者団に「全員を受け入れることはさらさらない」と述べ、民進から受け入れる候補者は選別する考えを鮮明にした。

 前原氏は、28日にあった民進の両院議員総会で、立候補予定者の民進としての公認内定を取り消し、希望に公認申請する事実上の合流方針を提案し、了承された。小池氏が、政策や過去の発言をもとに民進から受け入れる候補者を選別すれば、民進内で混乱や反発が広がる可能性もある。

 小池氏は公認の判断について「政策的に一致しないといけない。選挙でワンボイス(一つの声)で戦えるかが重要な点だ。調整というか、絞り込みをさせて頂く」と語り、全面的な候補者の受け入れを拒否した。

 前原氏によると、民進はすでに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら