[PR]

 名古屋市中区の伏見地区で29日、複合型の商業施設「テラッセ納屋橋」が全面開業した。ユニーの高級食品スーパー「ラ フーズコア納屋橋店」や飲食店、ホームセンターなどが出店。新たなにぎわいの場所となりそうだ。

 堀川近くの「テラッセ納屋橋」は、開発面積が1・1万平方メートル。高層マンション、オフィス棟、商業施設で構成される。商業施設はスーパーと21の専門店が入る。スーパーは近隣に少なく、住民にとっては待望の出店となる。

 「ラ フーズコア納屋橋店」は2階部分に入居する。単身世帯や富裕層をねらって高価格帯の生鮮食品や総菜を充実させた。ユニーの投資額は26億円で、年20億円の売り上げをめざす。ユニーの佐古則男社長は「専門店街の多い名古屋駅前と、百貨店が多い栄地区の中間に位置している。日常生活で必要とされる需要に応えていきたい」と話した。