[PR]

 鹿児島県内の広い範囲で、カメムシが大量発生している。夜になると、各地で街灯などにざわざわ群がるカメムシの姿。県北部を中心に平年の数倍のカメムシを確認した県は、果樹への被害を懸念し、農家などに注意報を出して駆除を呼びかけている。

 2日夜、県北部の出水市では、街灯や店の照明に無数のカメムシが群がっていた。同市のタクシー運転手の栫(かこい)敏昭さん(60)は「駐車場の蛍光灯にも群がっていて、車の上に落ちてくる。窓を開ければ入ってくるので迷惑」と顔をしかめた。

 県によると、大量発生しているのは、ツヤアオカメムシとチャバネアオカメムシ。9月上旬に市内で捕虫灯を仕掛けたところ、5日間に約8千匹が確認されたという。

 今年はカメムシのえさになるス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら