[PR]

 東海道・山陽新幹線に「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」など交通系ICカードで乗れる「スマートEX」の無料のサービスが、30日始まった。ネットで座席を予約可能で、発車直前まで何度も変更できる。

 利用者はJR東海・西日本の専用サイト(https://smart-ex.jp別ウインドウで開きます)で、ICカードとクレジットカードの情報を登録。座席を予約し、改札でICカードをかざして乗車する。料金はクレジットカードに請求される。

 通常より片道の指定席で200円安いが、在来線の乗り継ぎ料金はICカードにチャージした電子マネーで精算される。このため、「東京都区内」「大阪市内」などの範囲で在来線を利用できるきっぷよりも、行き先によっては高くなる場合もある。同様のサービスは「エクスプレス予約」もあり、さらに割安で乗車可能だが、年会費1080円が必要となる。