[PR]

 横浜市教育委員会は29日、複数の女子生徒にセクハラ行為をしたとして、市立高校で教員の授業のサポートをする教科助手をしていた20代男性を停職12カ月の懲戒処分にし、発表した。男性は同日付で依願退職した。

 市教委によると、男性は5月下旬~8月下旬、勤務先の高校3年生の女子生徒1人に、通信アプリ「LINE」で「抱きしめたい」「結婚して下さい」などのメッセージを送り、抱きしめたり、校外の漫画喫茶に呼び出してキスをしようとしたりした。また、別の女子生徒2人の頭をなでたという。

 8月下旬に女子生徒の1人が学校に相談して発覚。男性は「抑えきれずにやってしまった」と説明しているという。男性は4月に市に採用されていた。(飯塚直人)