[PR]

 安倍晋三首相側近の菅義偉官房長官が、小池百合子代表率いる希望の党に対する批判を強めている。自民党出身の小池氏は安倍政権下で閣僚も務めて関係が良好な時期もあったが、昨夏の東京都知事選などで関係にひびが入り、今回の新党結成で亀裂は深まった。

 菅氏は29日の記者会見で、希望の党への批判を展開した。

 「一夜にして政策の協議も全くないまま、いつの間にか政党が一つになってしまった。選挙目当ての数合わせが進んでいるのではないか」「信念のない政治は停滞と混迷をもたらす」

 与野党の相互批判は常だが、政…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら