[PR]

 平安時代に兵火で焼け、鎌倉時代に再建された奈良・東大寺の東塔を囲む回廊が、中に二つの通路が並行する複廊(ふくろう)の構造だったことが分かった。寺などが3日発表した。調査団は「複廊は奈良時代の大寺院の中心部分などに見られ、格式の高さを示すが、塔を囲む回廊が複廊なのは東大寺だけでは」としている。

 東塔跡を発掘している寺と奈良文化財研究所、奈良県立橿原考古学研究所の調査団が、鎌倉時代に再建された東塔の回廊のうち、南側の南面回廊跡を調査。回廊の柱を立てた礎石の穴が見つかった。その並び方などから回廊には通路が二つあり、全体で幅約6メートルだったことが判明した。

 南面回廊跡の中心には南門の遺構もあり、門の柱を立てた礎石の穴が12個見つかった。東西方向に4本、南北方向に3本並んでいたとみられる。門の東西の柱の間隔は中央約4・5メートル、左右約4・2メートルで幅は約13メートル。南北の柱の間隔は約3・6メートルずつで、幅は約7メートル。東寺(京都市)の国宝・蓮華(れんげ)門などに匹敵する大きさという。

 東大寺に残る江戸時代の絵図に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら