[PR]

 今夏の全国高校野球選手権で1大会最多となる6本塁打を放った広島・広陵の中村奨成捕手が29日、プロ志望届を提出した。広島市の同校で会見し、「プロの世界でやっていけるか不安はあるけど、しっかりやっていきたい。まずは1軍に上がりたい」と抱負を語った。希望球団については「どこでもいいけど、広島が一番いいなって思いはあります。広陵にも戻ってこられるし」と話した。広島は中村をドラフト1位候補の1人に挙げている。