[PR]

 29日午後2時10分ごろ、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、ジェットコースターの「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止した。乗客約30人が体を下に向けた状態で止まり、係員が約30分かけて乗客全員を降ろした。けが人や体調不良を訴えた人はいなかった。午後3時50分ごろ、通常通り運行を再開したという。

 USJによると、異常を知らせるセンサーが反応して、係員らが使う通路から約1メートルの高さで停止した。現在のところ異常は見つかっておらず、原因を調べているという。ダイナソーは先月20日にも緊急停止した。このときは、乗降場付近の立ち入り禁止エリアに子どもが入ったことが確認され、係員が安全のために緊急停止させていた。

 乗客の持ち物が落下するなどし、運行の危険につながる可能性が少しでもある場合は、緊急停止して安全の確認をすることになっており、週に1、2回はあるという。担当者は「安全に万全を期すための対応で、お客様には迷惑をかけるがご理解いただきたい」としている。

 ダイナソーは、恐竜に背中をつかまれて空中を飛び回るという設定。いすに座ったまま前に倒れ、体と地面が水平になったような状態で走行する。