[PR]

 希望の党代表の小池百合子・東京都知事は29日の定例記者会見で、同党の主要政策と考え方が一致しない民進党の立候補予定者らについて「排除する。取捨選択というか、絞らせていただく」と述べた。

 小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹の部分で一致していることが、政党の構成員として必要最低限のことだと思う。お一人お一人の考えを踏まえながら判断する」と話し、公認申請者を個別に選別する考えを示した。公認候補の選定の実務的な作業は、希望の若狭勝前衆院議員と民進の玄葉光一郎前衆院議員に任せているが、最終的には小池氏自身が決めるとした。

 これまで小池氏は、自らの衆院選出馬については否定している。代表でありながら立候補しない場合、衆院選で希望が誰を首相候補として打ち出すかを問われると、「重要な点であることを鑑み、これからしっかりと答えを出したい」と述べるにとどめた。(西村奈緒美)

こんなニュースも