[PR]

 男児2人にわいせつな行為をさせたとして、埼玉県警は東京都荒川区町屋8丁目の清掃作業員、中橋良明容疑者(41)を強制性交容疑で逮捕し、29日に送検して発表した。

 捜査1課によると、中橋容疑者は18日午後0時半~午後3時ごろ、さいたま市内の駐車場で、同市に住む未就学の2人の男児同士でわいせつな行為をさせた疑いがある。「小さい男の子に興味があった」と容疑を認めているという。

 中橋容疑者は、登録した会員間で子どもの世話を頼める子育て支援サイトを通じて子どもの世話を引き受けており、この日は現場近くの公園で被害男児の1人の母親とともに、被害男児2人を含む複数の幼児を世話していたという。

 男児の話で母親らが被害を届け出た後、中橋容疑者は28日に警視庁荒川署に出頭していた。男児の1人は、3日にも中橋容疑者に預けられていたという。ネット上の子育て情報の掲示板には、中橋容疑者とみられる人物が、託児を引き受ける東京都内の区の事業を挙げて「協力会員をしています。チャイルドシッター致します」とする書き込みがあった。

 7月施行の改正刑法で強姦(ごうかん)罪の名称が強制性交罪に改められ、男児同士に性的行為をさせることも処罰対象になった。