[PR]

 金銭をめぐる疑惑、不倫騒動、暴言、失言……。こうした不祥事で離党したり、要職を辞めたりした前職が、衆院選に向けておわび行脚を続けている。「脇が甘い」「一からやり直せ」といった声を浴びながら頭を下げ続けているが、政治家の資質をどう見極めるか、有権者もまた問われることになる。

 「もう一度、国会で仕事でお返しするために精いっぱい頑張りたい」。民進党を離党し、愛知7区で立候補予定の山尾志桜里氏(43)は29日午前7時から、地元の駅前で演説に立った。用意したビラ300枚は全て受け取ってもらえ、追加した300枚もなくなった。

 「週刊文春」で既婚男性と交際したと報じられたが、この日の演説では触れず、支持者向けの説明会では交際を否定し、「無所属の個人として、戦う力を貸してほしい」と訴えた。

 しかし、逆風も強い。前回の衆院選で山尾氏に投票した瀬戸市の市民団体代表の男性(67)は「脇が甘いとしかいいようがない」。民進党時代に支援を受けていた連合愛知は今回、推薦を見送った。山尾氏は29日、「逃げ出さず、市民の中に飛び込んで行きたい」と語った。希望の党への合流については「今コメントする立場にない。私自身、必死なのでまだ早いのかなと思う」。

 不倫問題で4月に経済産業政務官を辞任、自民党を離党した中川俊直氏(47)。広島4区で再起をめざす。

 「猛省。未来へ。」「一から出直します」。27日には地元の駅前で、妻とともにこう書かれたチラシを配り、頭を下げ続けた。

 6月下旬から地元でおわび行脚を続けるが、門前払いにあったり、厳しい言葉で責められたりすることもある。自民党が対立候補を擁立するほか、希望の党の動きもあり、祖父から3代続く議席を守れるかは不透明だ。

 自らの「舌禍」も重くのしかかる。

 元秘書への暴言と暴行疑惑で自民党を離党し、埼玉4区から立候補を予定する豊田真由子氏(42)は、今月中旬から公に姿を見せた。早朝から駅前でおわびする日々だ。

 街頭では「あの『ハゲー』の人だ」と言われる。親子連れや若者から撮影を求められると、「心から反省し、全力を尽くします」と書かれたチラシを渡す。後援者の一人は「後援会組織が離れ、資金的な余裕もないはず。本人は駅立ちで有権者の反応を見極めているのだろう」と推し量る。

 自民党の会議などで「(がん患…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら