[PR]

 トランプ米政権のプライス厚生長官が29日、辞任した。公務の出張で20回以上、高額なプライベートジェット機を使っていた問題で批判を浴びていた。トランプ大統領も「落胆している」と語っており、事実上の更迭とみられる。プライベートジェット機を使用した閣僚は他にもおり、トランプ氏への打撃になるのは必至だ。

 米メディアによると、プライス氏は2月に就任して以来、国内の出張で20回以上、プライベートジェット機を使用。さらに2回の海外出張には軍用機を利用。計100万ドル(約1億1200万円)の税金が使われていたという。民間機なら約200ドルで移動できるところを、約1万8千ドルもかかるプライベートジェット機を使っていた事例もあり、野党から「税金の無駄遣い」と批判されていた。

 トランプ氏は29日、プライス氏の辞任発表前にホワイトハウスで記者団に「落胆している。正しくない見識を持つ者を見たくない」と苦言を呈していた。

 トランプ氏は昨年の大統領選中…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも