【動画】高さ9メートルの舞台で舞う「朝倉の梯子獅子」=小川智撮影
[PR]

 高さ9メートルのやぐらの上で2人組が獅子舞を披露する「朝倉の梯子獅子(はしごじし)」が30日、愛知県知多市の牟山(むさん)神社で奉納された。

 400年以上前、農作物を荒らすイノシシの退治にはしごを使った翌年が大豊作となったので、イノシシの供養と豊作祈願に獅子舞を奉納したのが始まりという。県無形民俗文化財に指定されている。

 今年は地元の若者5組10人が参加。おはやしに合わせて37段のはしごを登り、丸太に足をかけてぶら下がる「大アオリ」など数々の妙技を披露した。

 1日は午前11時と午後1時、同7時の3回ある。(小川智

関連ニュース