[PR]

 民進党の赤松広隆元衆院副議長は30日、希望の党代表の小池百合子・東京都知事が民進からの合流希望者を選別する意向を示していることについて、自身の無所属での立候補や新党結成の可能性に言及した。

 赤松氏は小池氏が公認の条件として安全保障、憲法観の一致を求めることについて、「憲法9条改正、安保法制に賛成はありえない。基本的には節を曲げてまでも自分のバッジを守るためにどうこうなんてことはさらさら考えていない。その二つが踏み絵と言われたら、自分の思想信条に忠実でありたい」と記者団に強調した。「個人のことを言うと無所属の方が戦いやすいが、比例で仲間を惜敗率で救うことを考えたときに、新しい政党をつくるのも選択肢の一つだ」と語った。

 民進党代表選で野党共闘の維持を掲げた枝野幸男代表代行や、無所属で立候補する可能性を示唆した前職の逢坂誠二氏らと「連絡を取っている」と明かし、「このまま民進、新党、無所属、希望と4パターンある。どこでも対応できるようにしている」と語った。(小若理恵)

こんなニュースも