[PR]

 30日の巨人―阪神戦で、巨人先発の畠がいきなり危険球で退場となった。一回、先頭打者の俊介に二塁打を浴びた直後、無死二塁から2番打者上本への初球がすっぽ抜け、頭部付近へ死球を与えたため。計4球で降板となり、2番手で左腕の中川が緊急登板した。上本はそのまま退き、代走に森越が送られた。

こんなニュースも