[PR]

 社民党の吉田忠智党首は30日、熊本県玉名市であった、熊本2区から立候補予定の新顔の決起集会に出席。「希望の党の誕生によって情勢が激変している状況でも、熊本では今までの共闘の取り組みを生かそうと努力をしている。全国でもその取り組みを強化していきたい」とあいさつした。

 その後の記者会見では「2区に共産が候補を立てないというのは、大きな力になる」と、改めて熊本での野党共闘を評価。希望の党の誕生について「野党4党共闘の調整を進めてきた社民党としては残念。希望の党に行けないリベラルな人としっかり連携し、リベラル勢力の中心的な役割を果たしていきたい」と話した。(大畑滋生)

こんなニュースも