[PR]

 北京を訪れているティラーソン米国務長官は30日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮と「二、三の対話ルートを持っている」と述べ、両国間で接触をしていることを認め、北朝鮮が米側と対話に臨む用意があるのかを「探っている」と述べた。

 米朝間の緊張が高まっているが、両政府間で対話による解決を目指し意思疎通を続けていることを明らかにしたものだ。しかし、米側は対話の前提として北朝鮮に核放棄を求めており、事態の打開につながるかどうかは不透明だ。

 中国の楊潔篪(ヤンチエチー)…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら