[PR]

 大阪府高石市取石2丁目のJR阪和線富木(とのき)駅で、1日午後9時25分ごろ、無職椋橋(くらはし)一芳さん(59)=同市取石1丁目=がホームから転落し、天王寺発和歌山行きの下り快速電車(8両編成、乗客約600人)にはねられた。椋橋さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。椋橋さんには視覚障害があったといい、府警は過って転落したとみて調べている。

 府警によると、姉は椋橋さんが幼い頃から全盲だったと説明しているという。近くには視覚障害者が使う白杖(はくじょう)が落ちていて、所持品のバッグには、障害者手帳があった。

 目撃者の話や防犯カメラの映像では、椋橋さんははねられた電車の前に到着した下り電車から降りた後、白杖をつきながらふらつく様子でホームを歩いていて、その後に転落。運転士が約100メートル手前で発見して非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。乗客にけがはなかった。

 高石署によると、椋橋さんは普…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら