[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、実行犯として殺人罪で起訴された女2人の初公判が2日、マレーシアの首都クアラルンプール郊外の裁判所で始まった。殺人罪で死刑を求める検察に対し、被告は無罪を主張する見通し。事件の首謀者とされる北朝鮮国籍の男らはすでに帰国しており、裁判では両被告の殺意の有無のほか、帰国した男らとの接点や指示内容などがどこまで明らかになるかが焦点だ。

 2人はベトナム人のドアン・ティ・フォン(29)とインドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両被告。

 2人は2月13日、クアラルンプール国際空港で、正男氏の顔に、猛毒の神経剤「VX」が含まれた液体を塗りつけて殺害した疑いがある。

 これまでの警察の調べに対し、両被告は殺意を否定し、東アジア系の男らに空港の乗客への「いたずら」を持ちかけられたと供述しているという。裁判所が検察の主張を認めると、死刑判決が言い渡される可能性が高い。ベトナムとインドネシアの両政府は、マレーシア当局に対して慎重な捜査を求めている。(クアラルンプール=守真弓