[PR]

 トランプ米大統領は1日、ティラーソン国務長官が北朝鮮との対話を視野に接触を図っていることに対し、「時間の無駄だ」とツイートし、交渉による事態打開は困難との認識を示した。

 トランプ氏はミサイル発射を繰り返す北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長を「小さなロケットマン」とからかってきた。この日も「我々のすばらしいティラーソン国務長官に、小さなロケットマンと交渉しようとするのは時間の無駄だと話した」とツイートした。

 さらに、「25年もロケットマンに優しくしたが、うまくいかなかった。なぜ今ならできる? クリントンが、ブッシュが、オバマが失敗した。私は失敗しない」と歴代米大統領の名前を挙げて、引き続き強硬姿勢で臨む姿勢を明確にした。なお、金正恩氏が最高指導者になったのは2011年。

 ティラーソン氏は先月30日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮と「二、三の対話ルートを持っている」として米朝間で接触をしていることを認め、北朝鮮が米側と対話をする用意があるか「探っている」と述べていた。(神田大介