[PR]

 アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」の握手会で発炎筒に点火したなどとして、威力業務妨害と銃刀法違反の罪に問われた札幌市白石区の無職阿部凌平被告(25)に対し、千葉地裁は2日、懲役2年、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。楡井英夫裁判官は「悪質な犯行で、動機はネット上で中傷されていたメンバーに、同情を集めたいという理不尽なものだ」と述べた。

 判決によると、阿部被告は6月24日夜、千葉市美浜区の幕張メッセであった欅坂46の握手会で、発炎筒を点火して握手会を中断させ、運営会社の業務を妨害。また、現場で果物ナイフを所持していた。

 判決は「煙や炎を発生させ、パニックを生じさせた」と非難。その上で、「法廷で(運営)会社やファン、メンバーに謝罪している」として、執行猶予付き判決が妥当とした。