[PR]

 民進党の赤松広隆元衆院副議長は2日、地元の名古屋市で「リベラルな人たちが投票できるような選択肢を奪ってはいけない。礎になれれば幸せだ」と記者団に述べ、枝野幸男代表代行らが新党を結成すれば創設メンバーとして参加する意向を示した。

 赤松氏は街頭演説で「小池氏は改憲、安保法容認が無ければだめだと言うが、信念は曲げられない。希望には行かない」と断言。希望の党(代表=小池百合子・東京都知事)には合流しない考えを明らかにした。新党の規模については「けっこう大きい。たぶん北海道(の民進の立候補予定者)は全部来る」と記者団に述べた。

 近藤昭一副代表も同日、「一つの大きな勢力を作るため、党として合流するという話だったのに、違った。希望は今までやってきたことと違う。行くことはない」と、希望に合流しない考えを明言した。

 9月の民進党代表選で、両氏は共に枝野氏の推薦人に名を連ねた。近藤氏は、枝野氏らが目指す新党について「新党は重要な選択肢だ」と指摘したが、自身の参加については、「党員やサポーターも含め、一緒にやれる形が必要だ」と述べるにとどめた。