[PR]

 高校野球部の倉庫からボールやバットを盗んだなどとして、埼玉県警は2日、水戸市酒門町の無職大崎晋太朗容疑者(20)と、同市の土木作業員の男(20)=事件当時19歳=を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。

 捜査3課によると、2人は7月28日夜~29日早朝、埼玉県久喜市の県立鷲宮高校野球部の倉庫に侵入し、金属バット12本と新品のボール120個(総額22万4千円相当)を盗んだ疑いがある。また、同校から盗まれたバット2本を転売した盗品等有償処分あっせんの疑いで住居不定の自称とび職の男(19)を9月10日に逮捕したことも明らかにした。3人は茨城県内の同じ中学の野球部出身という。

 これらの被害品のうちバットは茨城県内のリサイクル店に売られ、ボールはネット上のフリーマーケットに出品されていたという。

 埼玉県警のまとめでは、今回の事件を含め、埼玉、栃木、茨城、群馬、神奈川、福島の6県で7月上旬~8月中旬、計20高校の野球部から合わせてボール約9300球、バット31本など、総額284万1千円相当が盗まれており、関連を調べている。