[PR]

 民進党の赤松広隆元衆院副議長は2日、枝野幸男代表代行ら民進リベラル系が結成を目指す新党について「大きく発展するような礎になれれば政治家として幸せだ」と、創設メンバーとして参加する意向を記者団に明らかにした。

 赤松氏は、「リベラルな人たちが投票できる選択肢を奪ってはいけない。(新党結成の方法は)代表選を戦った枝野さんに一任している」と述べた。

 また、新党の規模については「結構大きい。たぶん北海道(の民進の立候補予定者)は全部来るし、僕のところにも何人かが早く立ち上げてくださいとの声がある」と話した。(北上田剛)

こんなニュースも