[PR]

 アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」の握手会で発炎筒に点火したなどとして、威力業務妨害罪などに問われた被告の男に対し、懲役2年、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決が2日、千葉地裁で言い渡された。何が被告を犯行に駆り立てたのか。裁判の経過からたどった。

 「インターネット上で欅坂46が中傷されていて不安になった。事件を起こせばメンバーに同情が集まり、中傷がなくなると思った」

 9月21日の初公判。札幌市白石区の無職阿部凌平被告(25)は犯行の動機をそう語った。

 ただ、それだけではなかったようだ。検察側の冒頭陳述や論告によると、被告は高校を中退後、ひきこもりがちな生活を送っていた。「仕事に就かない自分を変えたい。警察に逮捕されるなどしないと現状を変えることができない」とも話していたという。

 阿部被告は6月20日、飛行機…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら