【動画】ラスベガス銃乱射事件の容疑者がいたホテルとコンサート会場の位置(音声はありません)
[PR]

 米ネバダ州ラスベガスで1日午後10時(日本時間2日午後2時)ごろ、ホテル周辺のコンサート会場を狙った銃乱射事件があり、現地警察によると、少なくとも58人が死亡、500人以上がけがをした。容疑者は1人とみられ、自殺したという。米メディアは「米史上最多の犠牲者を出した銃乱射事件」と伝えている。

 警察などによると、事件が起きたのはラスベガス中心部にあるカジノホテル「マンダレイ・ベイ・リゾート・アンド・カジノ」の前。野外でカントリーミュージックの音楽祭が開かれており、2万2千人以上が集まっていた。容疑者はこのホテルの32階から、観客で埋まった会場に向けて自動小銃で無差別に発砲。観客が次々と血を流して倒れ、現場は混乱に陥った。

 警察は、スティーブン・パドック容疑者(64)を実行犯と断定。ラスベガス近郊に住む白人の男で、ホテルに9月28日から宿泊していたという。過激派組織「イスラム国」(IS)系のアマク通信は2日、「(対ISの)有志連合国への攻撃の呼びかけに応じ、ISの戦士が実行した」との記事を配信。これに対し、連邦捜査局(FBI)の担当官は会見で「テロ組織との間には何の関連も見つかっていない」と否定した。

 トランプ大統領は2日、ホワイトハウスで声明を発表し、銃乱射事件を「全くの悪の行為だ」とし、米国民の結束を求めた。4日に現地入りするという。

 マンダレイ・ベイは毎年1月に日本を含む世界中の電機メーカーなどが集まる国際的な家電見本市の会場の一つにもなっており、日本からの観光客も多い。

 ラスベガスのマッカラン空港から「ストリップ」と呼ばれる目抜き通りを挟んですぐ西側にあり、空港は一時的に離着陸を止めた。一部の到着便は他の空港へ振り替えるなどした。

 在サンフランシスコ日本総領事館によると、日本時間2日午後10時半時点で、日本人の被害は確認されていないという。(ワシントン=宮地ゆう、香取啓介)

こんなニュースも